スポンサーリンク

AirPodsが耳から落ちる人必見!オススメのイヤーピースを紹介

AirPodsが耳から落ちる人必見!オススメのイヤーピースを紹介

Appleが手がけているワイヤレスイヤホン「AirPods」。

一部では「耳からうどんが出ている」と揶揄されていますが、バッテリーの持ちや通信の安定性、音質の良さから、街中で使っている人を見かける機会も増えてきました。

そんなAirPodsですが、人によっては耳に合わず、簡単に耳からポロッと落ちてしまい、せっかく買ったのに宝の持ち腐れになって困っているという人も一定数いるかと思います。

そこで今回は、

「AirPodsが耳から落ちてしまう」
「耳から落ちないようにする対策が知りたい」

という人に向けて、AirPodsを耳から落ちにくくするためのオススメのアイテム「イヤーピース」を紹介していきたいと思います。

ぷら子
ぷら子

今回ご紹介するイヤーピースを使うことで、AirPodsをより快適に使えること間違いなしです!

AirPodsが耳から落ちる原因と対策

AirPodsが耳から落ちる原因と対策

AirPodsが耳から落ちる原因は、ズバリ耳の形状にあります。

本来であればイヤホンが引っかかる部分が人によっては小さいことがあり、その結果イヤホンと耳の間にスペースが生まれ、イヤホンが落ちやすくなってしまうのです。

その「イヤホンが引っかかる部分が小さい」ということへの対策としては、逆に耳にフィットするようにイヤホン側を大きくしてイヤホンと耳の間のスペースを埋めてあげれば良いのです。

そこでスペースを埋める役割としてオススメなのが、シリコン製のイヤーピースになります。

シリコン製のイヤーピースは、値段も安い上にAirPodsを買い換えることなく後付けで簡単に装着するだけで使えるので、AirPodsがすぐ落ちて困っている人にピッタリの商品になっています。

ひとくちにシリコン製のイヤーピースといっても様々な商品が売られているので、AirPodsの落ち具合や用途ごとにオススメの商品を紹介していきたいと思います。

AirPodsが耳から落ちる人にオススメのアイテム

大きく分けて、

  1. 非常に薄いカバーで覆うことで滑り止めの機能を果たすタイプ
  2. カナル型に変更できて耳にスッポリと入れられるようになるタイプ

の2種類があるので、どちらの方が自分に合うのか検討していただければと思います。

ちなみに、今回ご紹介する商品はAirPods1と2の両方に対応しているので、新型を使っている人も旧型を使っている人も安心してお使いいただけます。

L-park シリコン製イヤーピース

L-park Apple AirPods イヤーフック用 イヤホンカバー 2セット4個入り

AirPodsにピッタリと装着できるタイプなのが、このシリコン製イヤーピースになります。

イヤホン全体が少し大きくなることでイヤホンと耳の間のスペースを埋めてくれて、シリコン素材ということで摩擦が起きて耳から滑りにくくしてくれるという効果があります。

しかし劇的に変化が起こるというわけではないので、全然耳に合っていないという人にとっては向いていません。

ですので、

  • AirPods単体だとイマイチ装着感に満足できない
  • ツルッと滑って困っている
  • 運動しながら使うのでもう少ししっかりとフィットさせたい

という人にオススメの商品になります。

イヤーピース自体が薄く、AirPodsの形状を活かした作りになっているので、イヤーピースを装着したまま充電ケースのフタを閉められるというメリットもあり、とてもよく作られていると思いました。

一方で、薄いということでキレイに装着しようと思うと難しく、破れてしまったり気泡が入ったりしてしまうことがあります。

装着する際には慎重に作業するようにしてください。

AhaStyle カナル式イヤーピース

AhaStyle AirPods用イヤーピース ズレ解消 音質向上 収納ケース付き S/L サイズセット

AIrPodsをカナル式に変更できるイヤーピースになります。

このAhaStyleのカナル式イヤーピースの良いところは、耳に引っ掛けるフックのような部分がついているので、他の製品と比べてもズレにくいという点にあります。

また、カナル式に変更できるということで、

  • 遮音性が良くなる
  • 低音が響くようになる

いうような隠れた音質改善効果もあります。

中華製の商品にありがちな雑な作りではなく、AirPodsと同じ寸法で穴が空いていて、しっかりした作りになっているのもポイントです。

欠点としては、イヤーピースを付けたままでは充電ケースに入らないので、充電をするには毎回外す必要があり、少し手間になってしまうことが挙げられます。

ですので、毎日のように使う使用頻度が高い人や、面倒くさがりの人にはこのカナル式のイヤーピースは避けたほうがいいと思います。

イヤーピースを外して保管するということで、失くさないようにストラップとしても使えるシリコン製の保管ケースが付属してくる点はありがたいですね。

購入する際の注意点として、自分の耳に合ったサイズを選ばないとAirPodsが耳から落ちる対策としての意味がなくなります。

SサイズとLサイズがあるのですが、両方がセットになった組み合わせの商品があるので、どれが合うのかわからない場合は両方セットになっているモデルを選ぶのがいいと思います。

おわりに│AirPodsが耳から落ちる人には、安くて手軽に装着できるイヤーピースがオススメ!

以上、AirPodsを耳から落ちにくくするためのオススメのイヤーピースを紹介させていただきました。

これらのイヤーピースを使うことで、安くて手軽にAirPodsが耳から落ちる対策ができるので、現在AirPodsのフィット感に悩んでいる人はぜひ試してみてください。

この記事を参考に、快適なワイヤレスイヤホンライフを送っていただければと思います。

ぷら子
ぷら子

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!