ARCHISS Maestro FL レビュー:タイピングが楽しくなるメカニカルキーボード

アーキス Maestro FL レビュー

ARCHISSの「Maestro FL」 をレビューします。

今まで長く使っていたメンブレンキーボードが故障してしまい、買い替えが必要になったため購入してみました。

ARCHISSのMaestro FL(クリア軸)を選んだ理由ですが、以前よりメカニカルキーボードに興味があり、最初に買うなら多くのメーカーが採用しているチェリーMX軸、そして日本のメーカーのものが安心できると思ったからです。

また他メーカーに比べ多くの軸のラインナップがあったのも決め手になりました。

ARCHISS Maestro FLはシックなデザインの中にも遊び心がある

アーキス Maestro FLの外観

昨今メカニカルキーボードは、光ったり大きなロゴが入ったりするなど派手目なもの、ゲーム用に独自配列のものが多いですが、普段使いしても違和感のないシックなデザインと、標準的な日本語配列のものを探していたので候補として最適でした。

とはいえ、あまりに普通のデザインだと面白味もないので、そういった意味でもこのキーボードはエスケープキー用のオレンジ色のキーキャップが付いていたり、モードを変更するとパネルが点灯したりするなど、オリジナリティや遊び心もあり気に入っています。

塗装は濃いグレーの筐体にキーがグレーで格好良くて好きです。ただし、公式サイト等の写真よりも筐体・キートップともに実際の色味が少し暗めなので、そこには注意が必要だと思います。

アーキス Maestro FLの色見

キーはザラザラかつ昇華印刷で、文字の剥がれや劣化・質感低下もあまりなさそうで高級感があって良いです。

LEDの各インジケータも非常に分かりやすいですね。

ロックキーがオンの時にLEDが光りますが、明るさも調整出来ますしLED用の窓のないキーも付属しているのでうるさいと思う方も問題ないと思います。

各モードの動作を示すパネルのLEDも同じく調整出来ますが、こちらは作動中常に点灯するのでもう一段階くらい暗く出来た方が良かったです。

ARCHISS Maestro FLはMacOSにも対応し、違和感なく操作できる

アーキス Maestro FLはMacにも対応

クリア軸の打ち心地は最高です。キーによるバラつきやグラつきもなくて、初期不良も特になく品質は安定していると思います。

打鍵感はしっかりしていて、かつソフトなタッチで素晴らしいです。

クリア軸を採用していて、フルキーボード、そして国内で簡単に手に入る、光らない…といった条件に当てはまるものはとても少ないので、クリア軸を使いたい自分には実質一択でしたが、良い買い物だったと思います。

普段はwindows10PCで使用していますが、MacOSにも対応しているのは特筆すべき点だと思います。何度かMacでも使用しましたが、特にPC側で大きな設定変更も必要なく違和感なく使えました。

また持ち運びの際、ケーブルが完全に着脱出来るのが非常に便利でした。今後使っていく上でケーブルにトラブルが出た際も安心出来ます。USBtype-Cのアダプターが付属しているので対応の幅も広いですね。

アーキス Maestro FLの付属品の透明プラのカバーとキープラー

付属品として透明プラのカバーが入っていたので、使わない時でもホコリが入らず安心です。こういった心遣いは嬉しいです。またキープラーも付属しているのでメンテナンスのときも安心です。

デザインもやはり長く使える飽きのこないシックさがあり非常に好みです。テーブルに置いておくと締まる感じがしますね。

全体的にカッチリとした印象があり、文字を打っているだけでも満足感があります。デザインも高級感があるので、「良いキーボードを所有している」という悦に浸れますね。

ARCHISS Maestro FLの注意点

アーキス Maestro FLのLED

当たり前ですがクリア軸の打鍵音は大きいです。

当方自宅で使うので問題ありませんが、オフィス等での使用を考えている方は静音赤軸モデルをお勧めします。また、底打ち気味にタッチすると高めの金属系の共振音がする場合があり、気になる方はいるかもしれません。

そして重いです。フルキーボードなので頻繁に持ち運ぶ方は候補にならないかもしれませんが、屋内の使用でもある程度の距離を頻繁に移動される方にはしんどいと思います。

アーキス Maestro FLのチルト

キーはロープロファイルで低めなので、合う合わないがはっきりと分かれると思います。自分も少しタイピングに違和感を感じたので、パームレストを使用し手の位置を調整して使っています。ポジションの面ではチルトが一段階ついていますが、これは二段階だと嬉しかったです。

最後に価格面です。1万5千円前後は正直高めですね。

値段のわりには特筆すべき機能がないので、他のゲーミング対応のキーボードよりも値段の高さが目立つかもしれません。

レビューまとめ

以上、ARCHISSのメカニカルキーボード「Maestro FL」をレビューしました。

今までは、キーボードを打つ作業は極力早く済ませたいと思っていてあまり好きではありませんでしたが、購入してからはタイピングがとにかく楽しく、「もっと何か文字を打ちたい!」と以前より貪欲どんよくにPCでの仕事やブログの執筆などを行うようになりました。

作業効率も大幅に上がったと感じます。ミスタッチも減り、不思議と自分がタイピングが上手くなったのではないかと錯覚するほどです。ここまで効率が上がって楽しいのであれば、もっと早く買えば良かったと後悔しています。

またこれを機にキーボードに興味を持つようになり、今後もいろいろなキーボードを試してみたい、使ってみたいという気持ちが芽生えました。

PC周辺機器の中でもこれまでは一番関心がなかった分野ですが、考えてみれば最も触れる場所でもあるので、今後も探求していきたいと思います。

現在キーボードにこだわりがあまりないが今後ワンランクアップしたい人や、メカニカルキーボードに興味を持った人に最適です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ぷられこ
タイトルとURLをコピーしました