スポンサーリンク

手軽に買える!安くておすすめのコーヒーミル5選

価格が安いおすすめのコーヒーミル5選│コスパに優れた商品を紹介!

スターバックスやドトールといったお洒落なカフェでコーヒーを飲むのもいいですが、たまには自宅でゆっくりコーヒーを楽しみたいときもあると思います。

そんなときに役に立つのが、豆から挽きたてのコーヒーを作ることができる便利なアイテム「コーヒーミル」です。

しかし、コーヒーミルを買っても準備や片付けが面倒で使わなくなってしまう可能性があるので、「いきなり高いコーヒーミルを買うのはちょっと…」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、

「安くてオススメなコーヒーミルってどれ?」
「コーヒーミル選びで失敗したくない」

という人に向けて、手軽に購入することができる安くておすすめのコーヒーミルを紹介していきたいと思います。

ぷら子
ぷら子

これからコーヒーミルを買おうと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください!

おすすめのコーヒーミルを5つ紹介

値段の安さ重視でおすすめのコーヒーミルを5つご紹介させていただきます。

安いと言っても評価の高い商品ばかりですので、どれを選んでも失敗することはないと思います!

HARIO MSCS-2B

HARIO (ハリオ) 手挽き コーヒーミル セラミック スケルトン ブラック MSCS-2B

コーヒーや紅茶などの器具を手がけている日本の耐熱ガラスメーカー、「HARIO(ハリオ)」から販売されているシンプルなコーヒーミルです。

2000円前後で売られているという安さ、そしてコストパフォーマンスの良さが売りのコーヒーミルになっています。

手挽きタイプということで手動でハンドルを回す必要があるのですが、電動のコーヒーミルよりも、

  • 自分で豆を挽いている感覚を楽しめる
  • 細かい調整も可能
  • モーターの機械音がしないので静か

というメリットがあります。

その他にも初心者に向いている点として、各パーツを分解して丸洗い可能なことが挙げられます。

電動の場合、コンセントが付いているので水に濡れないように注意する必要がありますが、この商品は電気を使わないので、細かいことを気にする必要なく全てのパーツを丸洗いすることができ、衛生面でも安心して使うことができます。

肝心の豆を挽く金具部分はセラミックとステンレスで作られていて、安いコーヒーミルにありがちな「歯切れが悪い」というようなデメリットもありません。

また、粉受けのカップの底にゴム素材の滑り止めカバーを付けることができるので、力を入れてもズレることなく安定してハンドルを回すことができます。

そして、付属品としてフタがついていて、豆を挽き終わったあとに粉受けのカップにフタをしてしまえば、他の容器に移し替えることなくそのまま保存することができます。

これが意外と便利で、例えば前日の夜に豆を挽いてそのまま保管しておき、次の日の朝にすぐコーヒーを飲むというような使い方ができます。

他にも、口が広くて豆が入れやすい等、ユーザーのことを考えた使い勝手に優れたコーヒーミルになっています。

カリタ KH-3

カリタ コーヒーミル 手挽き KH-3 #42077

伝統ある日本のコーヒー器具メーカー「カリタ」から発売されている「手挽きミルシリーズ」の中でも、安価で使いやすいコーヒーミルがこの「KH-3」になります。

2000円を切る安さで売られていて、Amazonでは1000件以上もレビューが付いている人気のコーヒーミルです。

一番のウリは、「これぞコーヒーミル!」というような、木のぬくもりを感じられるレトロな外観にあります。

そして安さを感じさせない高級感があることもポイントです。

部屋に置いておくだけでも雰囲気を高めてくれるので、オシャレなインテリアとしても最適です。

使い勝手の面では、本体が木製ということもあり、水洗いを避けてブラシで豆を落とす必要があるので、手入れが少し不便です。

コーヒー好きの人へのプレゼントとしても、ちょうどいい値段・サイズ感だと思います。

京セラ CM-50N-CF

京セラ(Kyocera) セラミック コーヒーミル 手挽き ブラック 単品 CM-50N-CF

セラミック包丁を代表に、便利なキッチン用品を多数排出している「京セラ」のコーヒーミルです。

京セラの商品ということで、刃の部分にはもちろんセラミックが使われていて、挽き心地も良好です。

Amazonでは800件以上のレビューがあり、ベストセラー1位も獲得していることから、人気の高さがうかがえます。

性能の面では、

  • 粗さを自由に調整できる
  • 分解洗浄が可能
  • ゴム底になっていて滑りにくい

という、コーヒーミルに欲しい機能はひと通り揃っている本格派な商品です。

さらに、上フタが半分だけ開く仕様になっていて、ハンドルやフタを外すことなく豆を入れることができて、少しの手間でさえも解消してくれる便利な作りになっています。

価格は3000円前後と少し高めですが、安心の京セラブランドで作りもしっかりしているので、「良いものを長く使いたい」という人にオススメのコーヒーミルです。

メリタ パーフェクトタッチII CG-5B

Melitta(メリタ) 【電動コーヒーミル】 パーフェクトタッチII CG-5B

ドイツ発祥のコーヒー機器メーカー「メリタ」から販売されている電動コーヒーミルです。

電動のコーヒーミルということで、豆を入れて粗さや杯数のダイヤルを調整してスイッチを押すだけで、簡単にコーヒーを挽くことができます。

電動のコーヒーミルながら、4000円台で売られているコストパフォーマンスに優れた商品になっています。

フタが閉まっていないと動かない安全装置や、エスプレッソにも対応しているフラットカッター式の刃を搭載していることから、手頃な価格でも抑えるべきところはしっかりと抑えられています。

弱点を挙げるとすれば、

  • コーヒーの粉受けがプラスチック製なので、静電気が発生しやすくて粉が落としづらい
  • 動作音が少し大きい

という点でしょうか。

しかしこの値段でこのクオリティーを誇っているのであれば、目をつむれる範囲内だと思います。

「面倒な手挽きはしたくない」「電動のコーヒーミルが欲しいけどあまり予算をかけたくない」という人にオススメの商品です。

デロンギ  KG364J

デロンギ コーヒーミル / コーヒーグラインダー コーン式 中挽き~極細挽き ブラック KG364J

イタリアの家電メーカー「デロンギ」の電動コーヒーミルです。

8000円前後と、これまで紹介してきたコーヒーミルの中では割高になっていますが、

  • 豆を入れる部分がコーン式(円錐状)になっているので、豆をよりいっそう均一に挽くことができる
  • 低速モーターを採用していて、摩擦熱によるコーヒーの香りの損失を抑えることができる
  • 低速なので動作音も静か

という細かいところで優れた商品になっています。

電動のコーヒーミルでありながら、手回し式のものよりも簡単に手入れすることができる点もポイントです。

「毎日のように使うから快適なものが欲しい」「コーヒー本来の香りをできるだけ楽しみたい」という人にオススメしたいワンランク上の電動コーヒーミルです。

おわりに

以上、手軽に買える安くておすすめのコーヒーミルを紹介させていただきました。

挽きたてのコーヒーは美味しいですし、なによりもコーヒーミルを使って自分で挽いたコーヒーは格別の味です!

この記事を参考に失敗のないコーヒーミル選びをしていただければと思います。

そして最高のティータイム、コーヒーライフのお役に立てれば幸いです。

ぷら子
ぷら子

最後までお読みいただきありがとうございました!