スポンサーリンク

【レビュー】SW-M570で作業効率アップ!入門にも最適なトラックボール

5
【レビュー】SW-M570で作業効率アップ!入門にも最適なトラックボール

「長時間の作業で腕が疲れる」
「使い勝手のいいマウスが欲しい」

そんな人にオススメなのが、Logicoolから発売されている「SW-M570」というワイヤレストラックボールマウスです。

「トラックボールといえばLogicoolのM570」というくらいトラックボールの中では定番の商品で、「興味はあるけど実際どうなんだろう?」と気になっているという人も多いと思います。

私がこのトラックボールマウスを導入して結構時間が経つのですが、手首の疲れが軽減したことや作業効率をアップしてくれる一方で、イマイチな点も見えてきました。

そこで私が実際に「SW-M570」を使ってみて分かった良い点・悪い点を紹介していきたいと思います。

長時間の作業でも疲れにくいマウスが欲しい人、これからマウスの買い替えを検討している人は是非参考にしてみてください。

トラックボールマウスとは

トラックボールマウスとは、なんといってもマウス本体に搭載されているボールが特徴的で、このボールを指先で回してポインターを移動させるデバイスのことです。

普通のマウスと違って腕全体は使わず、指先を少し動かすだけで十分なので疲れにくく、動かすスペースもとらないので一部のユーザーからは根強い人気を誇っています

長時間パソコンを使って作業する人は、知らず知らずのうちに手首が疲れて腱鞘炎になってしまったり、手首だけでなく首や肩にまでダメージが蓄積したりする場合があります。

このような症状に悩んでいる人には、トラックボールマウスは特におすすめです。

そして、トラックボールマウスは主に2種類に分けられます。

  • 親指をメインに指先だけで操作するタイプ
    →Logicoolやエレコムの商品に多い
  • 手のひら全体を使って操作するタイプ
    →ケンジントンの商品に多い

今回ご紹介する「SW-570」は前者の指先だけで操作するタイプになります。

Logicool「SW-570」の特徴

それでは「SW-570」の特徴を紹介していきます。

価格から考えてもかなり機能的で、コスパの良いトラックボールだということが分かると思います。

腕や手首への負担が少なく、とにかく疲れにくい

基本的に指先を使って操作するので、腕や手首に負担がかからず疲れにくいです。
それに加えて、人間工学に基づいたデザインをしていて、適度な傾斜が手を支えてくれるので、長時間の作業に向いています。

トラックボールマウスを使ってるのに手の痛みが解消されないという人は、作業しすぎなので一旦体を休めましょう。

ワイヤレスで省スペース

SW-M570はワイヤレスで省スペース

本体を動かす必要がないため、限られたスペースしかない場所でも役に立ちます。
狭いデスクはもちろんのこと、例えば、電車や新幹線・飛行機などで移動するときでも場所を選ばず使うことができます。

また、ワイヤレスなので布団やソファーで体勢をくずしてゴロゴロしながら使うのにも最適です。

ボタンの割当も自由自在で、作業効率がアップする

Logicoolの製品はソフトを使ってボタンの割当を自由に変えられるので、よく使うショートカットをホイールボタンやアクションボタンに登録することができます。

動画編集といったクリエイティブな作業だけでなく、普段のブラウジング、ワードやエクセルを使った事務作業でも役に立つことでしょう。

電池の持ちもバツグン

単三電池1本でおよそ1年半持つので、電池の持ちを気にする必要はありません。

イマイチな点→定期的な掃除が必要

SW-M570のイマイチな点→定期的な掃除が必要

毎日使っているとボールとセンサーの隙間にホコリが溜まってきて、ボールの動きが悪くなります。そうした時はボールを外して掃除すればまたスムーズになります。

「動きがおかしい」と思ったらまずはホコリが溜まっていないか確認しましょう。

掃除の目安としては月に1回くらいでしょうか。

細かい作業には向いていない

Photoshopを使った画像編集で線を引いたり、切り抜いたりするような細かい作業には向いていません。

そういった細かい作業をする時は、ペンタブと併用したり、通常のマウスに切り替えたりしたほうがいいでしょう。

左利きの人には向いていないかも

一般的なマウスは左右対称の形をしているので利き手を選びませんが、「SW-M570」は右手で使うことを前提に設計されているので、左利きの人には向いていないかもしれません。

左利きの人は、ケンジントンをはじめとした左右対称のトラックボールマウスをおすすめします。

「SW-M570」はこんな人にオススメ

  • 長時間の作業をする人
  • 疲れにくいマウスが欲しい人
  • ショートカットを使って効率よく作業したい人
  • DTMで音楽制作をする人
  • CADで製図をする人
  • デスクの上のスペースがない人

細かい画像編集が必要な写真やイラスト関係の人でなければ、まず不自由しないと思います。

「M570」「M570t」と「SW-M570」との違いは? ←型番違いなだけです。

Amazonを見ていると、全く同じ見た目なのに値段が違う「M570」「M570t」「SW-M570」という商品がありますが、型番が違うだけなのでどれを選んでも変わりません。

「SW-M570」が一番新しい型番で値段も安いので、特に理由がない限り「SW-M570」を選んでおけば問題ないでしょう。

 

以上になります。

トラックボールマウス全般に言えることですが、使い始めは慣れが必要かと思いますが、ある程度操作をして慣れてくると普通のマウスには戻れなくなります。

とりわけLogicoolの「SW-M570」は手が届きやすい値段になっているので、トラックボールの入門としてぜひ導入して作業効率をアップしていただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。