MacでApple TVのコンテンツをストリーミング再生する方法を解説!

MacでApple TVのコンテンツをストリーミング再生する方法を解説!

この記事では、MacのパソコンでApple TVの番組をストリーミング再生する方法を解説していきます。

こんにちは、Mac使いの管理人です。

Appleは2019年にApple TVをアップデートさせ、

  • 従来のガジェット端末である「Apple TV」
  • iPhoneやiPad・Macなどにインストールする「Apple TVアプリ」
  • Appleオリジナルの映画やドラマが楽しめるストリーミングサービス「Apple TV+」

という3つのコンテンツに拡充させました。

まず結論として、MacとApple TV本体の直接の接続はできません。

MacにApple TVアプリをインストールすることで、Apple TVのコンテンツの再生が可能になるということです。

どれもApple TVの名前が付いていて区別するのがややこしいのですが、この記事ではMacで上記3つのコンテンツを使えるようになる方法を網羅的に解説していきます。

かつてのApple TVの役割と、Apple TVアプリの登場

かつてのApple TVの役割と、Apple TVアプリの登場

これまでApple TVと言えば、HDMIケーブルでテレビに接続し、大画面のテレビで写真や動画をストリーミング再生できるようになるガジェットで、GoogleのChromecastやAmazonのFire TV Stickと同じカテゴリの商品として登場しました。

その後、AppleはiPhone、iPad向けにアプリを開発し、iPhoneなどの画面をミラーリングしてApple TV経由でテレビに出力したり、iPhoneをApple TVのリモコン代わりに使えるようにしたりして、Apple TVのサービスを段々と改良していきました。

しかし、Macには長い間アプリが開発されず、せっかくRetinaディスプレイを搭載しているにも関わらずApple TVのコンテンツを楽しむことができませんでした。

それらのMacユーザーの期待に応える形で、今回Macにも「Apple TVアプリ」をインストールできるようになりました。

この「Apple TVアプリ」を使うことで、MacでのApple TVのコンテンツの再生が可能になり、また「Apple TV+」の動画ストリーミングサービスも利用できるようになります。

MacでApple TVアプリと、Apple TV+をインストールする方法

MacでApple TVアプリと、Apple TV+をインストールする方法

Apple TVアプリは、2019年10月にリリースされた「MacOS Catalina」と共に登場し、CatalinaにアップグレードすることでMacのデフォルトアプリとしてインストールされるようになりました。

つまり、MacでApple TVアプリを使うにはCatalinaへのアップデートが必須となり、Catalinaをインストールできない古いMacでは使うことができません。

Catalinaをインストールできるモデルは以下の通りです。

MacBook 12インチEarly 2015 以降
MacBook AirMid 2012 以降
MacBook ProMid 2012 以降
Mac miniLate 2012 以降
iMacLate 2012 以降
iMac Pro全てOK
Mac Pro2013年のゴミ箱モデル以降

Apple TV+については、Apple TVアプリ上で動作するサブスクリプションサービスになります。

1ヶ月600円で動画が定額見放題になるというサービスですが、HuluやNetflixなどと違い、Apple TV+は現時点ではAppleのオリジナル作品しか配信されていないので注意が必要です。

初回に限り7日間の無料トライアルが利用できたり、iPhoneやiPad・Macなどのデバイスを購入したユーザーは1年間の利用券が付いてきたりと、無料で試すチャンスがあるので、サービス内容が気になる人は試してみるといいでしょう。

Apple TVアプリ、Apple TV+の使い方

Apple TVアプリを簡単に説明すると、MacOS Catalinaで登場した新しい音楽アプリと共に、iTunesに代わるアプリになります。もちろん、これまでにiTunes Storeで購入したアプリや音楽・映画は、引き続き利用可能です。

Apple TVアプリを使うことで、購入した作品だけでなく、AmazonプライムビデオやNetflixといった他社のストリーミングサービスまで、ブラウザを開くことなくアプリ上で再生することができます。

MacでApple TVアプリを開くには、アプリケーションフォルダにある「TVマーク」のアプリをクリックします。

すると、アプリ上部に「今すぐ観る」「映画」「ライブラリ」というタブが表示されるので、目的に応じて切り替えて使用していきます。

これまでにiTunes Storeなどで購入したコンテンツは「ライブラリ」の中から見ることができます。

Apple TV+を使うには、アプリのホーム画面を下にスクロールすると表示される「無料で試す」を選択します。 すると、7日間は無料で作品を視聴することができ、無料トライアル期間が終了すると月額600円での課金が必要になります。

また、ブラウザから下記のApple TVのページにアクセスすることでも登録可能です。

公式 https://tv.apple.com/jp

「MacでApple TVのコンテンツを再生する方法」まとめ

以上、MacにApple TVアプリをインストールする方法、そしてその使い方について解説させていただきました。

従来のやり方だと、Apple TV本体からテレビやPCモニターにHDMI接続する方法しかありませんでした。

しかし2019年にApple TVの在り方が見直されたことにより、MacとApple TV本体を接続することはできないものの、MacにApple TVアプリをインストールすることでコンテンツの再生ができるようになりました。

これからもデバイス間の垣根を超えてコンテンツの再生ができるようになると思うので、MacとApple TV間でできることが増えたら追記していきます。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ぷられこ
タイトルとURLをコピーしました