V系メタルバンド「JILUKA」の使用機材をまとめてみた

数あるヴィジュアル系バンドの中でも、卓越した技術と楽曲クオリティーを誇っているのがJILUKA(ジルカ)です。

メタルを根底にさまざまな音楽性を取り込んだ楽曲は、キャッチーなメロディにテクニカルなサウンドを合わせ持っており、筆者の私のような男性ファンも多いと思います。

そんなJILUKAですが、気になるのがサウンドを作り上げている使用機材。

メンバーの機材をネットで調べても全然分からなかったので、まとめてみました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

参照:1stフルアルバム「Metamorphose(初回限定盤)」より

ギター Sena(セナ)さんの使用機材

ギター本体

■ESPのオーダーギター

Vシェイプを元にボディをくり抜いたオリジナルシェイプで、木材やネックシェイプが違う同じ形をしたサブギターがある。

PUはEMG。

チューニングはドロップC。

アンプ

■Marshall JCM800 2203KK

スレイヤーのギタリストであるケリーキングモデルをモディファイしたもの。

■DV MARK Triple 6

キャビネット

■Marshall MODE FOURシリーズ

エフェクター

エフェクターは使っておらず、アンプ直で音作りをしている。

その他

ワイヤレスシステム

■SHURE GLXD16

サウンドハウスで見る
サウンドハウスで見る

シールド

■OYAIDE QAC-222G

サウンドハウスで見る
サウンドハウスで見る

クリップチューナー

■DADDARIO PW-CT-21

 

サウンドハウスで見る
サウンドハウスで見る

ベース Boogie(ブギー)さんの使用機材

ベース本体

■フジゲン(FGN)の4弦ベース

Darkglassのオンボードプリアンプ「Tone Capsule」を組み込んでアクティブ化している。

サウンドハウスで見る
サウンドハウスで見る

アンプ

■Mark Bass Little Mark Tube 800
サウンドハウスで見る
サウンドハウスで見る

D.I.

■AVALON DESIGN U5(ブラック)
サウンドハウスで見る
サウンドハウスで見る

エフェクター

■Darkglass Microtubes B7K
サウンドハウスで見る
サウンドハウスで見る

■EBS MultiComp
サウンドハウスで見る
サウンドハウスで見る

■BOSS Noise Suppressor NS-2
サウンドハウスで見る
サウンドハウスで見る

その他

ワイヤレスシステム

■Line6 RELAYシリーズ
サウンドハウスで見る
サウンドハウスで見る

チューナー

■KORG PitchBlack
サウンドハウスで見る
サウンドハウスで見る

おわりに

JILUKAのサウンドを支えている機材を紹介してみました。

同じ機材を買ったからと言って、同じ音を出せるわけではないのは重々承知ですが、使用機材が分かると少しは参考になるのではないでしょうか。

誰もがアンプシミュレーターを使っている中、Senaさんは実機のアンプをエフェクトペダルなしのアン直で使っているのは、なかなか珍しいと思いました。

 

以前地元にJILUKAがツアーで回ってきたときに一度ライブを拝見したのですが、楽曲はもちろんのこと、(いい意味で)人間離れした見た目とステージングに衝撃を受けたことを忘れられません。

まさにリアルFF。

私にもっとお金に余裕があれば是非ワンマンライブに行きたいです(;_;)

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

以下、オススメのCDです。

サウンドハウスで最大30倍のポイント還元中!

サウンドハウスで買い物をする前にちょっと待った!
現在サウンドハウスでは「大ポイント還元祭」というキャンペーンが開催されており、4,000アイテム以上を対象に最大30倍のポイントが還元されるようになっています。

定番商品や弦などの消耗品も対象となっているので、これを使わない手はないと思います。

お得に買い物をしたい方はぜひご覧ください。

最大30倍!大ポイント還元祭のページ

その他
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
PlusTic Records

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました