スポンサーリンク

絶対見るべき!ワンピースのおすすめ映画ランキングTOP5

絶対見るべき!ワンピースのおすすめ映画ランキングTOP5

週刊少年ジャンプの人気作品であり、日本を代表するマンガとしても有名な「ONE PIECE(ワンピース)」

そんなワンピースですが、マンガの単行本、アニメオリジナルのエピソード、映画、ゲームetc…と数え切れないくらいメディアミックス作品や関連商品が登場していて、

「どれから手をつけたらいいのか分からない」
「サクッとワンピースの作品を楽しみたい」

と思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、比較的短時間で視聴できて、ワンピースの面白さが凝縮されている映画にスポットライトを当てて、特に面白いと感じた作品ランキングTOP5を発表していきたいと思います。

ぷら子
ぷら子

どの映画から観たらいいのか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください!

第5位│ワンピース フィルム ストロングワールド

ワンピースフィルム ストロングワールド 【Blu-ray】

フィルムストロングワールドの醍醐味と言えば、なんといってもロジャーの時代を生きた本物の海賊「金獅子のシキ」が登場することです。

シキといえば、世界政府が立ち上げた鉄壁の監獄「インペルダウン」の初の脱獄者です。

その脱獄方法がまたクレイジーで、自分の足をぶった切って脱獄するほどの目的のためなら手段を選ばない最強クラスの海賊、それがシキです。

情報が公開された当初は、ワンピースファンなら誰もがテンションが上がったことと思います。

そんなシキが、脱獄をした後に世界征服をするための長年の計画を練って、この映画でルフィ達の前に現れることになります。

彼のすごい所というのは、何十年も掛けて1個の作戦を組んでいくという、普通の海賊にはないような計画の緻密さにあります。

実力もさることながら、金獅子海賊団の科学者であり、シキの側近でもある「インディゴ」との絡みがまた面白いんですよね。

めちゃくちゃ強いのにユーモアも合わせ持っていて、そして部下からの信頼も厚いという、敵でありながら本当にかっこいい船長だなと感じました。

個人的に、シキは本編でも出てきてほしいと思うくらい魅力的なキャラクターです。

第4位│ワンピース ねじまき島の冒険

ワンピース ねじまき島の冒険 [Blu-ray]

ねじまき島の冒険といえば、2001年公開の結構昔の映画になります。

当時の勢いや雰囲気をふんだんに感じることができて、声優陣も豪華、古き良き時代のワンピース作品ということもあって、ファンからは根強い人気を誇っている作品になります。

ねじまき島の冒険が人気な理由の一つとして、ところどころに出てくる小ネタであったり、独特な設定をしていることが挙げられるんじゃないかと思います。

ルフィの一味が普段と違う格好をしていますし、ナミさんなんて物語終盤までウェディングドレスを着ていましたからね(笑)

そういった、今のワンピースにはない”ゆるさ”を感じられるところが、ねじまき島の冒険がこれだけ支持されている理由なのだと思います。

戦いの中でも特に見どころなのが、やはりルフィとトランプ海賊団船長の「ベアキング」の戦いです。

そのベアキングの能力が非常に強くて、カチカチの実の能力で体を硬くできて、その上に体を熱くさせることができるんです。

この能力は、現在登場しているアツアツの実の能力者「ドン・アッチーノ」や、ビッグマム海賊団の幹部ネツネツの実の能力者「オーブン」に近いものがあり、それが2001年の作品で既に出てきているということで、ルフィはかなり苦戦を強いられました。

そしてベアキングの部下の「ハニークイーン」も強かった。
大人のお姉さんということもあり、当時の少年たちをドキドキさせた印象が強いのですが、それだけじゃなくて悪魔の実の能力も脅威的でした。

ハニークイーンはトロトロの実の能力者で、体を液体状にして自由に移動できます。

これは、ワンピースの作品上では登場していないものの、「もし出てきたら最強」とまで考察されているミズミズの実に近い能力で、もし現在の新世界でトロトロの実の能力者が出てきたら絶対強いですね。

そしてサンジの活躍も見逃せません。

ブージャックというトゲトゲになるような敵が出てくるのですが、蹴りで戦うサンジとは相性が最悪です。
それでも素足で蹴って、痛みを我慢しながら戦うサンジの場面は必見です。

第3位│ワンピース フィルムゼット

ONE PIECE FILM Z Blu-ray

フィルムゼットといえば「ゼファー先生」というくらい、この登場人物が物語のキーになっています。

このゼファーは、過去の出来事から海賊を憎んでいて、海賊を抹消するために海軍本部大将にまでのぼり詰めて、その後海軍を見限り自らが信じる正義のために「NEO海軍」を立ち上げました。

海軍から去った後もかつての部下から信頼され続けていた正真正銘の「正義のヒーロー」です。

そんな元海軍本部大将との対決だけでも激アツなのですが、フィルムゼットの見どころはこれだけではありません。

フィルムゼットのCMで、ゼファーと黄猿が戦っている場面が公開されるやいなや、黄猿が戦ってるところもう一度見れるということでこれだけで映画館に見に行く価値があるとファンの間では話題になりました。

それ以外にも、当時行方が気になっていた青キジが出てきてルフィたちと絡むなど、スピンオフの作品と言えども新しい発見がありました。

そしてゼファー先生の最期の場面。
今まで敵として戦っていたのに、ルフィたちを逃がすために尽力してくれるシーンは涙なしでは見れません。

かつての教え子だった海兵たちも全員泣いているのですが、お世話になっている先生の最期ということもあり本当に悲しいものがあったと思います。

まさに男の生き様を感じられる映画になっています。

第2位│ONE PIECE FILM GOLD(フィルムゴールド)

ONE PIECE FILM GOLD Blu-ray スタンダード・エディション

2016年公開の映画ということで、記憶に新しいと感じる人も多いのではないでしょうか。

このフィルムゴールドという作品に切っても切り離せないのが、カジノ王「テゾーロ」の存在です。

世界中の通貨の20パーセントを彼が保有しているという金持ちっぷりで、その権力は海軍や世界政府をも脅かすくらい影響があるという、今までにないタイプの強敵になっています。

そんなテゾーロですが、最初から金持ちだったわけではありませんでした。

貧しい家庭に育ち、天竜人の行動がきっかけとなった悲しい過去があり、その影響でお金に執着するようになったのです。

この天竜人が映画の中で出てくるというのも斬新で、更には、サボやルッチといった革命軍が登場するなど、いろんなキャラクターが出てくるのが見どころです。

そしてなんといっても、映画で初めて描かれた「ギア4(フォース)」

このギア4が映画で見れたことも、ファンにはたまらなかったと思います。

第1位│ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険

ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険 [Blu-ray]

ワンピースファンの間でも、特に人気のある映画がこの「デッドエンドの冒険」になります。

個人的にも断トツで一番好きな映画です。

ねじまき島の冒険と同じように、昔ながらのワンピースの世界観になっていて、どこか安心して観られるんですよね。

お金に困ったルフィたちが参加することになったのは、海賊だけが参加できる命がけのレース「デッドエンド」

それぞれの海賊が、自らの野望を達成するために戦いを繰り広げていきます。

この映画の見所は、命がけのレースに参加してゴールに向かっていくという分かりやすい構成、そして魅力的な登場人物ですね。

オリジナルキャラクター「シュライヤ・バスクード」が特にかっこよくて、過去にあった悲劇の復讐をすることだけを生きがいとしていて、軽い身のこなしでスタイリッシュに戦う姿もたまらないですね。

さらに、この映画のボス「ガスパーデ」がいい味を出していて、まさにTHE・ボスという圧倒的悪役キャラなんですよね。

そして主題歌であるBUMP OF CHICKENの「sailing day」が最高!

これほどまで作品を盛り上げてくれる主題歌はなかなかないと思いますし、特に最後で「sailing day」が流れた時は鳥肌が立ちました。

ワンピースの映画の中でも、

  • 昔ながらのワンピースの世界観
  • 王道のストーリー
  • 味のあるオリジナルキャラクターの登場
  • 恵まれた主題歌

という高い完成度を誇っていて、ワンピース初心者の人から往年のワンピースファンまで、万人におすすめできる映画になっています。

おわりに、ワンピースの映画はAmazonプライムビデオでも観れる!

以上、ワンピースのおすすめ映画ランキングTOP5を紹介させていただきました。

ワンピースの映画はどれも面白くて甲乙つけがたいので、ランキングにするのが難しかったです。

最終的には好みの問題になってくると思うので、あくまでも個人的なランキングとして参考にしていただけると幸いです。

そんなワンピースの映画ですが、Amazonのプライムビデオでも見ることができるので、気になった作品やもう一度見たい作品があれば是非チェックしてみてください。

おわりに、ワンピースの映画はAmazonプライムビデオでも観れる!

もしプライム会員でない場合でも30日の無料体験(途中でも解約OK)ができるので、今までレンタル派だった人も、この機会に動画見放題サービスを試してみるのもアリだと思います。

Amazonプライムビデオで見る

ぷら子
ぷら子

最後までお読みいただきありがとうございました!