Anker Soundcore Liberty Neo レビュー:低価格帯ではNo.1のコスパ最強ワイヤレスイヤホン

Ankerのワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Neo(第2世代)」についてレビューします。

Appleストアで売られているワイヤレスイヤホンのBeatsXを使用していましたところ、ある日突然、電源が入らない不具合が起こりました。

Apple信者の私はもちろんApple製品の購入を検討しましたが、何せ金額の問題で手が出ずに悩んでいました。そんな中、コスパ最強のイヤホンという紹介でこの「Soundcore Liberty Neo」が紹介されており、さっそくAmazonで購入してみました。

Anker Soundcore Liberty Neoは、見た目に少し安っぽさがある

Anker Soundcore Liberty Neoは、見た目に少し安っぽさがある

デザインは非常にシンプルで、悪く言うと少し安っぽさがあると感じました。

しかし、良く言うと目立ちすぎず、通勤や通学はもちろんスポーツ中やデスクワークなど様々なシーンでお使いいただけるかと思います。

カラーは基本的に本体はブラックとホワイトの2色です。イヤホン本体がブラックの方では、ケースがレッドとブルーとブラックの3色選べるような形になってます。

私はケースも本体もブラックの物を購入しましたが、ケースがレッドまたはブルーの物の方が見た目が安っぽく感じなかったのではないかと購入した後に感じました。

Anker Soundcore Liberty Neoは安価ながらも高性能で、コスパ最強

Anker Soundcore Liberty Neoは安価ながらも高性能で、コスパ最強

商品が届き開封すると、思っていた以上に安っぽさを感じ「もしかして失敗したか?」と不安になりましたが、とりあえず使ってみることにしました。

使用してみて最初に思ったのが、低音がハッキリと響いて聞こえるということです。購入前に口コミで低音のことについては書かれていましたが、ここまでとは思っていなかったので、正直驚かされました。

使いやすさや音質の良さで一気にお気に入りになりましたね。

また、Apple製品のAir PodsProについているノイズキャンセリング機能(周囲の雑音や環境音を聞こえなくする機能)が付いていないということが懸念点だったのですが、カナル式で耳の中に入れるタイプの物で遮音性も高く、全く気になるレベルではなかったです。

Air PodsProとスペックを比較しましても、ほとんど劣らず、防水機能については「防水規格 IPX7」のおかげでAir Podsよりも優れており、スポーツシーンや水辺においても安心して使用できます。

私は実際、車の洗車をしながら音楽を聞いていたのですが、濡れた手でそのまま操作をしても全く壊れる気配がありませんでした。

しかし、なんといっても一番素晴らしいのはコストパフォーマンスだと思います。税込み4,999円でAir PodsProの6分の1程度の値段で購入できるという点は驚きです。

冒頭で開封してすぐに安っぽさから残念に感じたと述べましたが、それでもこの値段ですから失敗したと思っても、「お金を貯めて新しい物を購入しよう。それまではこの商品で我慢しよう」という前向きな考えになれますよね。

Anker Soundcore Liberty Neoの接続・連携はApple製品には敵わない

Anker Soundcore Liberty Neoの接続・連携はApple製品には敵わない

購入して分かったイマイチな点は、Apple信者の私はもちろんiPhoneとiPadを使用しており、この2つでイヤホンを使用することが多いのですが、iPhoneでイヤホンを使用したい時にiPadに繋がってしまったり、iPadで使用したい時にiPhoneに繋がったりしてしまうことです。

そのたびに一度、Bluetoothをオフにして接続を切らないと別の機器につなぐことが出来ない点が面倒です。

具体例を話すと、1階で使用したいと思い電源を入れると2階にあるiPadに繋がってしまい、いちいち2階に行きBluetooth電源をオフにしないといけないということです。

Appleのワイヤレスイヤホンでは、現在使用している機器に必ず接続してくれていましたので、そのような点が不便に感じました。

レビューまとめ

以上、コスパに優れたワイヤレスイヤホン「Anker Soundcore Liberty Neo(第2世代)」についてレビューさせていただきました。

この商品を購入して、ランニングや筋トレなどのモチベーションが上がり見事習慣にすることができました。そして先ほども話したように、洗車時に音楽またユーチューブで聴き流す系の動画を流しながら洗車をすることで、洗車をする際の楽しみが一つ増えました。

また、私はパソコンで文章を書くときにも使用しており、周りの音を遮断したり、YouTubeで作業用BGMやNCSのリミックスの音楽を聞き流したりすることで、集中して取り組むことができ、作業がはかどるので重宝しています。

そういったことは他のワイヤレスイヤホンでも実現することが出来るとは思いますが、なんといっても4,999円なので、この価格でここまで生活が変わるという費用対効果の面でも満足度が高いと感じました。

初めてワイヤレスイヤホンを購入する人や、学生などであまり予算が出せない人にオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ぷられこ

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました