スポンサーリンク

【画像あり】退職金(解約手当金)請求書の書き方まとめ。必要なものなどを分かりやすく解説!

こんにちは、新卒で約4年勤めた会社をやめた管理人です。

私が勤めていた会社では「中小企業退職金共済(中退共)」という制度に加盟していたため、ありがたいことに退職金がもらえることになりました。

そこで今回は、ググっても分かりづらかった「退職金(解約手当金)請求書」の書き方や、退職金を受け取るために必要な物について、分かりやすくまとめていきたいと思います。

しっかりと退職金を受け取って損しないためにも、ぜひ参考にしてみてください!

中退共の退職金を受け取るためにやること、全体の流れ

退職金を請求して受け取るまで何をやればいいのか、どのような流れになるのか、まずは全体像を把握していきましょう。

  1. 必要な書類を集める
    (退職金請求書を会社からもらう、マイナンバー入りの住民票を市役所・区役所で発行する)
  2. 退職金(解約手当金)請求書を記入する
  3. 退職金を受け取る金融機関(銀行)でハンコを押してもらう
  4. 追跡サービスのある郵送方法で発送する

ざっくりまとめると上記の流れになります。

内容も全然難しくないので、銀行の窓口の営業時間などに気をつければ、1日あれば終わる分量になっています。

それでは各項目を詳しく見ていきましょう。

中退共の退職金の請求に必要なもの・書類一覧

退職金を受け取るために必要なものは、

  • 退職金(解約手当金)請求書
  • マイナンバー入り住民票
  • 運転免許証のコピー(パスポートや健康保険被保険者証、年金手帳でもOK)
  • 発送用の封筒(レターパックライトがおすすめ!)

の4つになります。

退職金(解約手当金)請求書 (書類の3枚目)

入社したときに会社側が手続きしている「退職金共済手帳」という3枚物の書類があるのですが、うち2枚は保管しておき、この3枚目の退職金(解約手当金)請求書が必要になります。

(ちなみに私はなぜか1枚目の書類を渡されませんでした。しかし2枚目には記入例や注意書きが載っているだけで、実際に必要なのは3枚目なので、全く問題ありませんでした!)

会社によっては郵送で送られてくる場合もあるらしいのですが、私の場合は最後の出社日に受け取りました。

マイナンバー入り住民票

自分が住んでいる地域の市役所・区役所の市民課の窓口で発行してもらうことができます。

その際に、

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険被保険者証など)
    ※見せるだけでOK!
  • 発行手数料300円

を忘れずに持って行ってくださいね。

私が行ったときは混んでいなかったので5分程で発行することができました。

運転免許証のコピー

自宅のプリンターや、なければコンビニのマルチコピー機でコピーしましょう。

A4サイズ、モノクロ印刷、名前や住所が載っている表面のみのコピーでOKです。

発送用の封筒(レターパックライトがおすすめ!)

今回の退職金の請求書は「特定個人情報」が含まれているため、郵便局の郵便追跡サービスが利用できる方法で発送しなければなりません

つまり普通に封筒に入れて切手を貼って送るだけではNG!

封筒で送る場合には、通常の切手代にプラスして、特定記録郵便(160円)のオプションを付けなくてはなりません。

そこでおすすめなのが「レターパックライト」です。

  • 郵便局が提供しているサービスで、信書も送れる
  • 追跡サービスあり
  • 土日祝も配達している
  • 郵便受けに投函
  • 全国一律370円
  • A4サイズ、厚さ3cmまで
  • 封筒や切手も不要

という内容の神サービスです。

郵便局の窓口や、コンビニ(ローソンやミニストップのみ)で取り扱っているので、ぜひ利用してみてください。

実際に退職金の請求書を書いて発送してみた

必要なものが揃ったら、実際に書類を書いていきましょう。

退職金(解約手当金)請求書を記入する

上の画像の四角で囲っているところ以外を書いていきます。

書き方としては「退職金共済手帳」の2枚目の裏側に例が載っていますので、それに沿っていけばすんなり記入できるはずです。

ハンコを2箇所押すのと、口座番号を間違えないように注意しましょう。

退職金を受け取る金融機関(銀行)でハンコを押してもらう

退職金(解約手当金)請求書の記入が終わったら、残った赤枠の部分を銀行に書いてもらいに行きます。

銀行の窓口で「これの記入をお願いします」といえば、すぐに書いてもらえました。

通帳や本人確認書類なども不要でした。

銀行によっては、窓口の営業時間が15時までとか17時までだったりするので、無駄足にならないように注意していってくださいね。

レターパックライトに必要書類を入れてポストに投函!

あとは宛先を書いたレターパックライトに、

  • 記入済みの退職金(解約手当金)請求書
  • マイナンバー入り住民票
  • 運転免許証のコピー(パスポートや健康保険被保険者証、年金手帳でもOK)

を入れてポストに投函するだけです。

けっこう簡単!

おわりに│退職金はいつ振り込まれる?

以上、「退職金(解約手当金)請求書」の書き方や、退職金を受け取るために必要な物について解説させていただきました。

退職金が振り込まれるまでの期間としては、1ヶ月〜2ヶ月半かかるようなので気長に待ちましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ライフスタイル
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぷられこ

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました