【2020年最新】マンガミーヤの代わりとしても使えるオススメの画像ビューアソフト5選

コミックリーダーとして長年使われてきた画像ビューアソフト「マンガミーヤ」。

インストールが不要な上に、ZIPやRARに圧縮された漫画をそのまま読めるということで非常に人気があるソフトです。

そんなマンガミーヤですが、Windows10には正式には対応しておらず、現在は公開が停止されていて後継ソフトも開発されていないことから、使い続けるのは現実的ではなく、遅かれ早かれ代わりとなる画像ビューアソフトに乗り換える必要があります。

そこで今回は、マンガミーヤの代わりとして使えるオススメの画像ビューアソフトを5つご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介する画像ビューアソフトを使って、快適に漫画を読んでいきましょう!

オススメの画像ビューアソフト5選

現在でも使うことができるオススメの画像ビューアソフトを5つご紹介していきます。

マンガミーアの代替ソフトを探している人もぜひ参考にしてみてください。

Comic Rack

Comic Rackは、自身のホームページで「世界で一番のコミックリーダー」だと豪語するくらい、完成度の高い画像ビューアソフトです。

特に、漫画を開くコミックリーダーとして見た場合、複数の表示形式への対応、ショートカットキーがカスタマイズ可能など、必要とされる機能が全て備わっています。

またComic Rackの優れた点として、Windowsのパソコンだけではなく、iOSやAndroidのスマホにも無料でインストールできることが挙げられます。

普段パソコンで使い慣れた画像ビューアソフトをスマホでも使えるので、わざわざ操作方法を新しく覚える必要がありません。

サポートしているファイル形式はZIP・RAR・PDF・CBZ・CBR・TAR・CB7等で、他の画像ビューアソフトと比べても少しマイナーな拡張子にも対応しています。

もちろんZIPやRARにも対応しているため、漫画ファイルを展開する必要はありません。

また便利な機能として「マルチタブ機能」があり、これは1つのウィンドウ上で複数の漫画を開くことが出来るので、同時に漫画を開く機会が多いユーザーにとってはありがたい機能になります。

また、ホームネットワークでライブラリーを共有することができるので、パソコンで本を読んで中断した後、別の部屋に移動してスマホで再開して読むという使い方もできます。

URL https://www.malavida.com/jp/soft/comicrack/

YacReader

YacReaderは、Windowsはもちろんのこと、Mac OSやLinuxでも無料で使うことができる非常に人気があるコミックリーダーソフトです。

一般的なソフトウェアのようにダウンロード&インストールして使うバージョンの他に、USBメモリやSDカード・外付けHDDなどの外部ストレージに追加できる「YacReader Portable」というバージョンも提供されています。

YacReaderは、漫画をなるべく大画面で表示できるようにツールバーなどが最小限のものとなっており、シンプルで使いやすいUIウィンドウが特徴的です。

UIはシンプルながらも、対応しているファイル形式はZIP・RAR・PDF・CBR・CBZ等の圧縮形式のほか、JPEGやPNGの画像ファイルにも対応。

翻訳機能やブックマーク機能の搭載や、キーをカスタマイズしてページ送りを快適にできるなど、機能性はパワフルになっています。

URL https://www.yacreader.com/

MComix

Mcomixは、WindowsとLinuxの両方で使えるオープンソースの画像ビューアソフトです。

定期的に更新がされていることから、常に安定した動作をしてくれるのが特徴です。

海外で開発されているソフトですが、右開き・左開きを変えることができ、日本の漫画や海外の漫画に合わせて使うことができます。

また、ソフトの左側に現在読んでいるページを中心としたサムネイル付きのページ一覧を表示することができ、直感的に使えるUIも魅力の一つとなっています。

MComixが他の画像ビューアソフトと違う点は、JPEGやPNG・GIFにも対応していて写真の閲覧にも強いということです。

URL https://sourceforge.net/projects/mcomix/

Icecream Ebook Reader

Icecream Ebook Readerは、たまにコミックリーダーを使うというようなライトユーザーにオススメのビューアソフトです。

このソフトには、自分が持っている漫画・小説などのライブラリーを読みやすいように管理できる便利な機能がついています。

その他にも、実際に漫画を読む際の機能として、1ページずつ開くのか見開きで開くのか選択できる機能があるのはもちろんのこと、全画面表示、ズームインやズームアウト、今いるページのガイド、前回中断した続きから読み始められる「しおり」機能も搭載されています。

対応しているファイル形式は、ZIPやPDFをはじめ、CBR・CBZ・FB2・EPUB・MOBIなどで、一般的な電子書籍に使われる拡張子をほぼ網羅しています。

また、お気に入りのページがあって後で読み返したい時にブックマークに追加することができたり、よく分からない単語が出てきた時にすぐに検索できたり翻訳に掛けられたりできるユーザーフレンドリーな仕様になっています。

そして、暗い場所で本を読んでも目が疲れにくくなるようにナイトモードも搭載されています。

URL https://freesoft-100.com/review/icecream-ebook-reader.html

Simple Comic

Simple ComicはMac OS用のコミックリーダーで、その名の通り、軽量で使いやすいシンプルな作りが特徴的です。

ウィンドウ表示とフルスクリーン表示の療法に対応しており、ウィンドウ表示の場合、ウィンドウのサイズを大きくしたり小さくsたりすると、それに合わせて漫画の画面も自動的に大小にスケーリングされていきます。

またMac OS専用のアプリケーションということで、Macならではの「クイックルック」機能に対応しており、漫画ファイルを開く前に、キーボードのスペースキーを押すだけでファイルの中身を確認できたり、読み終わった場所を自動的に保存してくれる仕様になっています。

対応ファイルも、ZIP・RAR・7zなどの主要な形式は一通りサポートしており、安心して使うことができます。

Macユーザーであればぜひ一度使ってみることをオススメします。

URL https://simple-comic.softonic.jp/mac

オススメの画像ビューアソフトまとめ

以上、マンガミーヤの代わりとしても使えるオススメの画像ビューアソフトを5つご紹介させていただきました。

どのソフトも対応しているファイルの種類やカスタマイズ性は申し分ないので、あとは使い勝手が自分の好みに合うかどうかだと思います。

全て無料のフリーソフトなので、いろいろ試してみてお気に入りのソフトを見つけていただければ幸いです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ぷられこ
タイトルとURLをコピーしました