スポンサーリンク

丸亀製麺の支払い方法まとめ│クレジットカードや電子マネーは使える?

丸亀製麺はクレジットカードが使える?←一部店舗のみ可能です

キャッシュレス化が進む中、ファーストフード店ではクレジットカード・電子マネー決済への対応が当たり前になってきました。

クレジットカードで支払いをすることは、単にお金の出し入れの手間がなくなるだけでなく、支払い金額に応じてポイントが貯まるなど、多くのメリットがあります。

そこで気になるのが、丸亀製麺はクレジットカードが使えるのかどうか…。

そこで今回は、

「丸亀製麺ってクレジットカードや電子マネー決済は使えるの?」
「現金以外の支払い方法を知りたい」
という人に向けて、丸亀製麺でクレジットカードや電子マネーが使えるのかどうか解説していきたいと思います。

結論としましては、「丸亀製麺でのクレジットカード払いは基本的に不可。イオンモールを始めとした商業施設内の一部の店舗では利用可能なところがある」「PayPayによるQR決済も一部の店舗のみで対応」です。

ぷら子
ぷら子

それでは詳細を見ていきましょう!

丸亀製麺でのクレジットカード払いは基本的に不可

丸亀製麺では、そもそもレジにクレジットカードを読み取る機能が付いていないので、基本的に使用不可になります。

しかし、イオンモールやアリオといった商業施設内の一部の店舗では、クレジットカードが使えたり、WAONやnanacoといった電子マネーに対応していたりする場合があります。

といってもクレジットカードや電子マネーが使える店舗は極一部なので、基本的に使えないと思っておいたほうがいいでしょう。

海外にも積極的に進出している丸亀製麺ですが、海外の店舗ではクレジットカードが使えるようです。

PayPayによるQRコード決済が利用可能に!

2019年4月から丸亀製麺でもPayPayによるQRコード決済が利用可能になりました。

しかしPayPayが使えるのは一部の店舗のみになります。

使える店舗や使い方につきましては、次の記事をご覧ください。

【朗報】丸亀製麺でPayPayが利用可能に!使える店舗や使い方も紹介
丸亀製麺では、イオンモールやアリオといった商業施設内にある一部の店舗を除いてはクレジットカードや電子マネー決済ができず、基本的に現金払いのみに対応していました。そんな状況が長らく続く中、世の中のキャッスレス化の流れを受けて、ついに丸亀製...

以前はプリペイド式の「丸亀製麺カード」を発行していた

現在は使えませんが、丸亀製麺は過去にチャージ式のプリペイドカードを発行していました。

プリペイドカードで払えるのでスムーズに会計できるのはもちろんのこと、100円ごとに1ポイントが貯まり、さらには3000円以上のチャージで5%が加算されるなど、丸亀製麺をよく利用する人にとっては便利なカードでした。

しかし東京や神奈川をはじめとした一部の店舗のみで実験的に導入されていたもので、2017年をもってサービスが終了しました。

サービスを試みたものの、失敗終わったということでしょうか。

おわりに

丸亀製麺のみならず、はなまるうどんを含めたセルフうどんチェーン全般に言えることですが、一部の店舗を除いて基本的に現金決済のみという状況です。

お盆にうどんや天ぷらを載せてレジへ行き、財布を開けて小銭探して支払いをする作業が手間ですし、食べ物のすぐそばでお金のやり取りをするのは衛生的にも良くないのでいつも苦痛に感じています。

うどんチェーン店は手軽に立ち寄ってさくっと食べられるのがメリットだと思うので、できればクレジットカードとは言わずとも、せめて電子マネー決済を導入して利便性向上を図ってほしいと思います。

ぷら子
ぷら子

他にも丸亀製麺についての記事がありますので、せひご覧ください!

【2019年】丸亀製麺の飲み放題がコスパ最高!実施店舗や注意点もご紹介
本記事では、丸亀製麺の飲み放題について解説しています。丸亀製麺の飲み放題のサービスの概要や注意点・実施店舗を知りたいという方はぜひご覧になってください。記事の内容「①:丸亀製麺の飲み放題の概要」「②:丸亀製麺の飲み放題を更にお得に楽しむ方法・注意点」「③丸亀製麺の飲み放題の実施店舗」
【朗報】丸亀製麺でPayPayが利用可能に!使える店舗や使い方も紹介
丸亀製麺では、イオンモールやアリオといった商業施設内にある一部の店舗を除いてはクレジットカードや電子マネー決済ができず、基本的に現金払いのみに対応していました。そんな状況が長らく続く中、世の中のキャッスレス化の流れを受けて、ついに丸亀製...