MEMOTTE レビュー:デスク周りがスッキリする!ホワイトボードとしても活用可能なマルチ収納ボード

MEMOTTE レビュー:デスク周りがスッキリする!ホワイトボードとしても活用可能なマルチ収納ボード

MEMOTTE(メモッテ)のマルチホワイトボードをレビューします。

テレワークが増えてきて、よりいっそう重要視されるようになった自宅のPCデスク周り。

デスク上に物があふれていては気が散って作業に集中できないので、デスク周りを整えて作業効率を上げたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

そんな人にオススメしたいのが、デスク周りのごちゃつきを解消してくれる便利なアイテムMEMOTTE(メモッテ)です。

この「MEMOTTE」は、ホワイトボードとデスク周りの収納ボードが一体になった便利なアイテムで、メモッテの名前のとおり、マーカーを使っていつでも素早くメモが取れる商品になっています。

今回、クレア株式会社様からサンプル品を送っていただきましたので、本記事ではどんなホワイトボードなのか詳しくレビューしていきたいと思います。

「MEMOTTE マルチホワイトボード」とは?

MEMOTTE マルチホワイトボードとは?

MEMOTTE(メモッテ)とは、ありそうでなかった便利な商品を多数取り扱っているセレクトショップ「クレア」から発売されているデスク収納型のホワイトボードです。

テレワークの生産性を上げるための機能が詰め込まれており、

  • デスク上に散らかりがちな小物を内側に収納できる
  • スマホやタブレットを立て掛けられるスタンド機能あり
  • 突然連絡が来てもホワイトボードにメモができる
  • キーボードに角度をつけて傾斜台のようにも使える

という、1台で何役にもなるアイテムになっています。

楽天市場では2ジャンルでリアルタイムランキング1位に輝くなど、MEMOTTEの魅力にいち早く気づいた人たちから、密かな人気を集めています。

価格は4,999円(税込)と少々高めですが、ホワイトボードの表面が耐久性のあるガラス製になっており、一度購入するとずっと使えるので、長期的に見るとコストパフォーマンスが高いのではないでしょうか。

また、現在1000円OFFのクーポンが楽天市場の商品ページで発行されていてお得に購入することができます。

その他、Amazon、Yahoo!ショッピング、ヨドバシ.comでも販売されています。

「MEMOTTE マルチホワイトボード」の外観と付属品

「MEMOTTE マルチホワイトボード」の外観と付属品

MEMOTTEの内容物は以下のとおりです。

  • 収納ホワイトボード本体
  • 黒色のマーカー

ホワイトボード消し(イレーザー)は付いてこないので注意してください。書いた文字を消す場合は、指でこするか、ティッシュで拭き取る必要があります。

ちなみに今回送ってもらったのはホワイトのカラーになります。他にもブラックのカラーが用意されています。

本体サイズは、おおよそ「幅45cm×奥行き19.5cm×高さ5cm」です。

全体的にプラスチックの素材で作られていますが、天板には約3mm厚のガラスが貼り付けられています。この部分に文字を書くことになります。

上部には、タブレットやスマホを立て掛けられる溝と、ホワイトボードのマーカーを収納するための穴があいています。

スマホやタブレット、マーカーを立て掛けてみた画像です。

iPad miniに風呂蓋タイプのカバーを付けていますが問題なく入りました。キーボード一体型の「smart keyboard folio」のような厚みのあるカバーを付けていると入らないと思います。

立て掛ける角度は調整できないので、動画を鑑賞するような使い方には不向きで、収納が主な用途になります。

ガラスの天板を持ち上げると収納部分が現れます。

手前に小物を入れるスペースがあり、奥は大きなフリースペースになっています。

手前に行くに連れて高さが低くなるので、手前のスペースには厚みのある物は入れられません。

底面の四隅にはゴム足が付いています。

このゴム足があることで、デスク上に置いていてもズレることなく使用することができます。

「MEMOTTE マルチホワイトボード」を使ってみた感想

MEMOTTEを使ってみて感じた、良かった点、イマイチだった点をレビューしていきます。

デスク周りの小物をまとめて収納でき、さらに目隠しまでできる

「MEMOTTE マルチホワイトボード」を使ってみた感想

MEMOTTEの売りの1つである収納機能ですが、USBメモリやSDカードといった小物から日常使いの文房具などをまとめて収納でき、フタを開けるだけでいつでも手元に取り出すことができます。

私はMEMOTTEの中にざっくばらんに物を詰め込んでいるのですが、フタがあることで目隠しできることが非常にありがたいと思いました。

見栄えを気にすることなく、毎日使うモノから週に数回使うモノまで、とにかくテキトーに収納しておけるのが嬉しいですね。

ホワイトボードとして活用できるので、急な連絡が来てもメモが取れる

収納ボード兼ホワイトボードということで、普段は収納ボードとして使い、アイデアを思い付いたときや急な連絡が来たときにホワイトボードとして活用することができます。

一般的なホワイトボードと違い、天板の表面についているガラスに書くことになるのですが、ガラスということで滑らかに文字を書くことができ、消す時もサッとひと拭きで簡単に消すことができます。

ただ、ガラスの天板は文字を簡単に消せるというメリットがある一方で、少し手が当たっただけでも消えてしまうため、長期間のメモには向いていないようです。

毎日のタスク管理や、突然連絡が来たときの一時的なメモ帳として活用するのがベストだと思います。

タブレットを立て掛けて収納できる

商品ページではスマホやタブレットを立て掛けていますが、私はペンタブレット(板タブ)を立て掛けています。

私はPhotoshopで画像を編集したり、ペイントソフトでイラストの練習をしたりしていて日常的にペンタブを使っているのですが、意外とペンタブの置き場所に悩んでいたんですよね。

そこで試しにMEMOTTEにペンタブを立て掛けたところ、溝の大きさもMサイズのペンタブにぴったり合っており、ペンホルダーにペンも入れられることから、すっかりペンタブ置き場として定着してしまいました。

ペンタブが必要になったときにすぐに取り出せるので、かなり便利です。

キーボードを乗せると適度に傾斜がついてタイピングがしやすい

MEMOTTEの上にキーボードを置くことで、適度に傾斜がついてタイピングがしやすくなります。

特に、Appleの「Magic Keyboard」のような薄型のキーボードを使っている人には丁度いい角度・高さだと思います。

キーボード裏のゴム足がガラス面にぴったりと吸着するので、滑り落ちてくることなく、かなり安定してタイピングすることができます。

仕切りを細かく調整できたらよかった

MEMOTTEの収納スペースは4つに仕切られているのですが、自分で仕切りを調整できたらよかったのに…と思いました。

一番奥のメインの仕切りが大きいので、移動させようと思って持ち上げたら中身が片寄ってしまいます。

あらかじめ溝を数カ所作っておき、そこに板をはめ込んで仕切れるようになると、さらに使い勝手が良くなるのではないかと思います。

ガラス製のフタが重い

フタの表面に3mm厚のガラスがついているのですが、これが結構重量があり、フタを開閉するときに少し重さを感じました。

フタを閉めるときにゆっくり慎重に閉めないと「バタン」と勢いよく閉じてしまい、万が一指を挟んでしまったら大変なことになってしまいます。

フタの重さがあることで安定感が増していることは分かるのですが、「ガラスをもう少し薄くするなどして軽量化してもいいのでは?」と思いました。

「MEMOTTE マルチホワイトボード」の評価、レビューまとめ

「MEMOTTE マルチホワイトボード」の評価、レビューまとめ

以上、MEMOTTE(メモッテ)のマルチホワイトボードをレビューしました。

仕切りの微調整ができなかったり、天板のフタが重かったりするという残念な点はありますが、デスク周りの小物を一気にまとめて収納することができ、いざというときにはホワイトボードとしてメモを取れるというアイデアに優れた商品だと思いました。

デスク周りをスッキリさせたいという人は、ぜひチェックしてみてください。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、ヨドバシ.comで販売中です。

ガジェット
Kindle Unlimited が3ヶ月199円!

どうも、読書大好き管理人です。

2021年10月28日までの期間限定で、Amazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited」が3ヶ月199円になるキャンペーンを開催中です。

通常月額980円のサービスなので、実質2,940円分が199円になるオトクなキャンペーンになっています。

この機会にぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ぷられこ | おすすめガジェットのレビューブログ
タイトルとURLをコピーしました