スポンサーリンク

雨の日こそドクターマーチン!レインブーツとして使えるモデルも紹介

雨の日こそドクターマーチン!レインブーツとして使えるモデルも紹介

雨の日に悩むのが靴選び。

雨が降っていると水が跳ねたり泥で汚れたりするので、お気に入りの靴を履くのは少しためらってしまいますよね。

そんな雨の日用の靴として、ドクターマーチンのブーツをレインブーツ代わりに使っている人がたくさんいることをご存知でしょうか?

そこで今回は、

「ドクターマーチンってレインブーツとしても使えるの?」
「雨の日におすすめのドクターマーチンを知りたい」

という人に向けて、レインブーツとしても使えるおすすめのドクターマーチンを紹介していきたいと思います。

ぷら子
ぷら子

ドクターマーチンのブーツを使って、雨の日でも足元からオシャレを楽しんでいきましょう!

雨の日にはドクターマーチンのブーツがおすすめ!

雨の日こそドクターマーチンを使いたい!

私がドクターマーチンをオススメする理由は、以下の2点です。

  1. 上質な革を使っていて防水性もあることから、雨の日に向いている
  2. 知名度やブランド力がある割に安価なので、サブのブーツに最適

それでは詳細を解説していきます。

上質な革を使っていて防水性もあることから、雨の日に向いている

ドクターマーチンのブーツは上質な革を使っていて耐久性に優れている上に、水をある程度弾いてくれるので、レインブーツのように使っている人がたくさんいます。

レインブーツとして使われる理由は、

  • ロング丈なので水や泥が跳ねても大丈夫
  • ソールが厚く地面との距離ができるので、かかとやくるぶし部分から水が入らない
  • ソールの素材がゴムなので滑りにくい

とう点が挙げられ、雨が全然中に入ってこなくて防水性にも優れているからなんですよね。

まさに雨の日に向いているブーツだということが分かると思います。

普段使いはもちろんのこと、野外フェスのような傘が使えない外でのイベントにおいて、突然雨が降ってきても安心です。

長く大切に使いたい人は、使用後のお手入れはもちろんのこと、事前に防水スプレーを併用するといいでしょう。

知名度やブランド力がある割に安価なので、サブのブーツに最適

知名度やブランド力がある割に安価なので、サブのブーツに最適

雨の日にお気に入りの靴を履くのは嫌だし、かといって使い古した靴を履くのも気が引ける…。

そこでオススメなのが、雨の日用にサブのブーツを用意しておくことです。

ドクターマーチンのブーツであれば、先述の通り防水性にも優れていますし、何より知名度やブランド力があります。

その割にはものすごく高価というわけではなく、手が届きやすい値段なので、サブのブーツにぴったりだと思います。

サブのブーツにもこだわっていることで、「雨の日でもオシャレに気を抜かない人」と周囲の人から好印象を持たれることでしょう。

また、ドクターマーチンを雨の日専用にすることで、雨の日の外出が楽しみになると思います。

レインブーツとしても使える、おすすめのドクターマーチン①:8ホール

[ドクターマーチン] ブーツ CORE 1460 8ホール ブラック UK 7(26 cm)

ドクターマーチンの中でも、最も定番のブーツがこの「8ホール」のブーツになります。

オーソドックスなスタイルでコーディネートや使い所を選ばないので、雨の日だけでなく普段使いにも最適です。

ブラックだけでなく、ホワイトやチェリーレッドといった色があり、選択肢が多いこともうれしいポイントです。

初めてドクターマーチンを買う人や万能なブーツが欲しい人にオススメです。

レインブーツとしても使える、おすすめのドクターマーチン②:サイドゴア

[ドクターマーチン] CORE 2976 サイドゴアブーツ 1029700180 メンズ ブラック UK 6(25 cm)

サイドゴアブーツとは、履き口に伸縮性のあるゴア素材が使われているブーツのことです。

スリッポンのように簡単に着脱できることや、靴紐やストラップがないシンプルな外観で、さまざまなコーディネートに合わせやすいことが特徴のブーツです。

レインブーツとしても優秀で、紐がないのでそもそも水が入ってくる隙間がないんですよね。

そして、凹凸がなくてフラットな構造をしているので、ブラッシングや布でのお手入れがしやすいこともポイントです。

雨の日用のサブのブーツとして購入するのであれば、サイドゴアブーツは一番オススメです!

ドクターマーチンが発売している正式なレインブーツ:DRENCH(ドレンチ)

[ドクターマーチン] レインブーツ(DRENCH) Matt Black

数あるドクターマーチンのブーツの中で、正式にレインブーツとして売られているモデルがこの「DRENCH」になります。

通常のドクターマーチンが革で出来ているのに比べて、DRENCHはラバー素材なので防水性が高く、手入れも簡単で、まさに雨の日専用として作られたブーツです。

ドクターマーチン特有の分厚いソールやイエローステッチは健在で、他社のレインブーツと違って、レインブーツっぽさがないオシャレなデザインが良いですよね。

実売価格が1万円台半ばと、ドクターマーチンの中では値段が安くて魅力的だったのですが、現在は廃盤になっていて、今から購入するには新古品を探す必要があります。

注意点としては、素材がラバーということもあり革と違って伸びないので、「使っていく内に自分の足に合ってくる」というようなことが少ないことが挙げられます。

ピッタリのサイズを買ってしまうと靴擦れを起こしてしまう可能性があるので、いつもよりワンサイズ上の物を買うと失敗しないと思います。

おわりに│ドクターマーチンを使って雨の日でもオシャレを楽しもう!

以上、レインブーツとして使えるドクターマーチンを紹介させていただきました。

個人的におすすめなのが、履きやすくて防水性も高いサイドゴアブーツですね。

色はブラックだとさまざまなコーデに対応できると思います。

雨の日はちょっと憂鬱な気分になってしまうかもしれませんが、そんな時こそドクターマーチンを使って足元からオシャレを楽しんでいきましょう!

ぷら子
ぷら子

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。