SONY WH-XB900N レビュー:臨場感あふれるサウンドを楽しめるノイズキャンセリングヘッドホン

SONY WH-XB900N レビュー:臨場感あふれるサウンドを楽しめるノイズキャンセリングヘッドホン

SONYのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WH-XB900N」をレビューします。

動画編集用に何かいいヘッドホンがないか探していたところ、とある大型家電量販店で一目惚れしました。

当時私は学生でしたが、学生の人気はBeatsのヘッドホンでした。なので、Beatsではなく周りと違ったヘッドホンがいいなと思っていたところ、WH-XB900Nはワイヤレスでさらにはノイズキャンセリング機能がついているということで、「これしかない!」と、運命的な出会いだと直感で感じ、購入に至りました。

あの大型家電量販店の中では、SONYのヘッドホンが一際目立っていたと今でも思います。

SONY WH-XB900Nの見た目は、シックで高級感があり、黒色なのでキズが目立たない

SONY WH-XB900Nの見た目は、シックで高級感があり、黒色なのでキズが目立たない

外観・デザイン共にシックでものすごくカッコいいなと思っています。

あの日一目惚れで大型家電量販店で見た時と同じように、毎朝出勤の時にこれを手に取るときは「買ってよかったな。かっこいいな、今日も頑張ろう!」と思えてきます。

高級感がありデザイン性・外観共に優れたそんな商品です。

耳を覆う部分がやたら大きくて、頭の形が変に見えてしまうヘッドホンが世の中にはいっぱい出回っていると思います。ですが、このSONYのワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドホン「WH-XB900」はそんなことは一切なく、頭のシルエットもかっこよく見せてくれます。

外観としても傷や汚れがつきにくく、私は身長が高いものですから、よく電車の吊り革などにこのヘッドホンをぶつけてしまいます。

それでも傷はあまりつかず、ついたとしてもヘッドホンの色が黒なのでほとんど目立ちません。

SONY WH-XB900Nはノイズキャンセリング以外にも、AIによる自動調整などの機能が盛りだくさん

SONY WH-XB900Nはノイズキャンセリング以外にも、AIによる自動調整などの機能が盛りだくさん

このSONYワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WH-XB900」を買って使ってみて1番よかったなと思う点は、このヘッドホンを見るといつも元気になり、このヘッドホンから流れてくる音に感動させられるということです。

また、最高と言える機能が3つ大きく分けてあります。

一つ目が、ノイズキャンセルの切り替え機能があることです。3モードの中からその時々の状態により変化します。

その3つのモードは「ノイズキャンセリング」「ABNサウンドオン」「ABNサウンドオフ」です。これらの機能のおかげで、ヘッドホンをしながらでも外音を取り込めたり、遮断することができます。電話で1人の時は思いっきりノイズキャンセリングにして、このヘッドホンをつけているときに誰か友人などと話す機会がある時はボタン1つでモードを変えることができます。

その時の外音をどのくらい吸収するのかもアプリを使って変えることが可能で、0〜20の値で選択できます。

最高の機能の二つ目が、このヘッドホンは自分が今置かれている状態をAIが解析して、適切な外音コントロールやイコライザーを変えてくれる点です。

例えば、歩いてる時、走っている時、または電車に乗っている時や家でのまったりタイム。その自分の置かれている状況に合わせて、ノイズキャンセリングの強弱やイコライザーの調整をして、音楽を聴きやすくしてくれます。

最後に三つ目ですが、サラウンド、イコライザー等をアプリで自由に変えることができるという点。私はHIPHOP系の音楽を聴くことが多いので、サラウンドはクラブにしていることが多いです!

このように聴く人の好きなアレンジでヘッドホンをカスタマイズすることが出来遊び心を毎回感じられます。

他にも、ヘッドホンをつけながら音の聞こえる場所を変えたり(斜め前、後ろ、横など)自由自在に扱うことができます。

SONY WH-XB900Nは、密閉型なので汗をかく状況での使用は向いていない

SONY WH-XB900Nは、密閉型なので汗をかく状況での使用は向いていない

WH-XB900Nを実際に使ってみて残念に思ったことは、密封性が高いためかなり蒸れるということです。

3月に入ったあたりから私はむれ始めました。私は駅まで自転車で5分程ですが、かいた汗が蒸発されないので耳周りが気持ち悪くなります。3月〜10月あたりは外での使用はできないのかなと感じています。

そして、イヤーパッドがすごく皮膚と近いので耳のゴミで音が流れてくるところの黒幕を汚します。耳の清潔さを整えていないとイヤーパッド近辺が不清潔な状態になります。

また、この製品が優れているからしょうがないのですが、このヘッドホンは一回のフル充電で30時間持つと言われています。体感的には30時間以上持っているような感じがしますが、つい充電することを忘れてしまいます。

バッテリーの性能が素晴らしいですが、これは自分の管理力を問われています。

レビューまとめ

以上、SONYのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WH-XB900N」をレビューしました。

このノイズキャンセリングヘッドホンを買って全ての音が楽しめるようになりました。映画、音楽など、重低音もしっかりしているため、その映画だったり音楽だったりの臨場感を味わうことができます。

特にアーティストのライブ映像を見る際にはこれまで感じたことのなかった音に感動を覚えます。

元々私は高価なヘッドホンへの強い憧れがあったのですが、予算などを考えると手を出せずにいました。しかし思い切って購入した結果、毎日このヘッドホンをつけるのが楽しみになりました。

また、動画編集でもこのヘッドホンをつけることで快適になりました。動画編集の際にはパソコンに有線ケーブルで繋げています。その際には重低音、ノイズキャンセリング等の機能が使えなくなりますが、余計な設定を考えなくていいので、その編集に集中することができます。

何度使っても私を飽きさせないこのヘッドホンを、これからも大切に使っていこうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ぷられこ
タイトルとURLをコピーしました